一軒家での賃貸契約

一軒家での賃貸契約には

賃貸の一軒家の契約と印鑑証明

一軒家の賃貸住宅を契約しようとする場合には、さまざまな必要書類の提出を求められることがありますので、あらかじめチェックをして、役所への申請などの手続きをしておいたほうがよいといえます。たとえば、契約をして住むことになった本人や保証人の印鑑証明が挙げられますが、これは役所で実印として印鑑登録をしていればすぐに発行してもらえるものの、そうでない場合には、申請者の自宅へのはがき郵送による本人確認などの手間がかかる手続きをともなうことがあります。賃貸住宅の契約では、これ以外にも、本人確認のための住民票や運転免許証のコピーなどが必要となる場合もあります。

賃貸契約の際の印鑑証明

マンション、アパート、一戸建て住宅を問わず、賃貸物件を契約しようとする場合には、あらかじめ不動産会社のほうから印鑑証明を提出するように要求されることがあります。これは実際に入居をする本人のものと、連帯保証人となる人のものの、両方を要求される場合と、連帯保証人のものだけといった場合がありますので、不動産会社に確認をしておくとよいでしょう。賃貸住宅の場合には、使用にあたって故意、過失によって室内の設備などをこわしてしまったり、家賃を滞納したりといったことが考えられます。そのため、本人の身分を確認するとともに、保証人をとって費用の弁償に支障がないようにするという意味でも、こうした書類が必要になるのです。

↑PAGE TOP