賃貸契約に必要なもの

賃貸契約に必要なものとは

賃貸マンション契約に必要なもの

賃貸マンションを契約する時に連帯保証人の印鑑証明の提出を求められることがあります。仲介業者によっては必要とならない場合もありますが、予めすぐに用意できるか確認しておいたほうが良いでしょう。ではなぜそのような書類が必要なのかというと、確実に連帯保証人であることを確かめるためです。通常賃貸契約の場に連帯保証人が同席することはありません。署名捺印だけでは本人の同意のもとに連帯保証人になったのか確認するすべがないからです。本人でなければ発行することのできない印鑑証明を添付することで信用性を高めるのが目的です。良い物件は競争率が高いです。スムーズに契約するためにも事前に連帯保証人をお願いする人に話を通しておいたほうが賢明です。

賃貸契約に必要な印鑑証明とは

賃貸で部屋を借りる時には、必要書類を用意しておく必要があります。必要書類とは、住民票や印鑑証明、収入を証明するもの、保証人関連書類、銀行口座印や通帳などで、職業などによっても必要なものは多少異なってきます。会社員の場合には、勤務先や職種、源泉徴収票によって入居審査が行われます。自営業の場合には、会社員と比較すると入居審査が厳しい場合があり、収入額に対してあまりにも賃料が高すぎるような場合には注意が必要です。一般的には、賃貸物件を借りる場合には、月収の25~30パーセント以内に収めるようにし、無理なく暮らせる物件を探すことが大事です。

↑PAGE TOP