高層マンションの賃貸

高層マンションの賃貸では

高層マンションの賃貸と印鑑証明

高層マンションのような家賃からみても高級な賃貸物件を借りる場合、本人や保証人の身分確認なども割としっかりと行われるケースが多いといえます。その場合、実際に契約書にサインをして大家、借主の双方が取り交わす前に、印鑑証明などの書類を不動産会社を通じて大家に提出し、その審査を受けるというプロセスがあります。基本的に、本人は住民票と運転免許証などの公的な身分証明書の写し、保証人は印鑑証明と、場合によっては源泉徴収票などの所得水準がわかるものを提出させるのが一般的です。高層マンションにかぎらず、その他の賃貸物件でもこうした書類が必要になることもあります。

借りる時に印鑑証明は要るの?

アパートを賃貸借契約するときに、保証人と保証人の印鑑証明を求められるのが一般的です。貸主は、家賃滞納に備えて借主が払わないなら、保証人から家賃を回収しようとするのでリスク回避のために保証人を付けさせます。賃貸借契約書に署名してから、実印で捺印し、加えて印鑑証明で保証人になる意思の確認となりすましや不正の防止をしています。稀に、借主本人のものも求められたりしますが、一般的には少ないようです。近年では、少子高齢化や人口減少が原因で、アパートの空き室が増えているため、その対策として面倒な書類の必要のない契約も現れています。

↑PAGE TOP